警察庁、自動運転中レベル3の改正案の試案を公表 | WaiWaiEnjoy.com-トピックス
警察庁、自動運転中レベル3の改正案の試案を公表
2018年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加
警視庁は、自動車の自動運転実用化に向けて、システムが運転操作し、ドライバーは緊急時にハンドルを握る「レベル3」でのスマホで通話、メールの操作、カーナビの注視、テレビや映画の視聴などが条件付きで容認の方針とする、交通法の改正案の試案を公表。

また国土交通省も道路運送車両法のセキュリティー対策などのシステムの安全性の要件を定め、2020年前半の施行に向けて、来年の通常国会に改正案を提出する見込み。

 

ちなみに自動運転レベルとは

政府は2020年にレベル3の実用化を計画されています。
当面は渋滞など高速道での低速走行時を想定される。