PayPay、3Dセキュア対応とクレジットカード不正利用への補償を発表 | WaiWaiEnjoy.com-トピックス
PayPay、3Dセキュア対応とクレジットカード不正利用への補償を発表
2018年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

「PayPay」は27日、クレジットカードの不正利用の被害を全額補償と、2019年1月からクレジットカードの3Dセキュア(本人認証サービス)の対応を発表。

入力回数制限と3Dセキュア(本人認証サービス)でセキュリティ強化

12月18日にクレジットカードを不正利用されていた原因の対策としてクレジットカード情報、セキュリティコードの入力回数の制限おこわれ、さらに2019年1月からは3Dセキュア(本人認証サービス)にも対応する。

3Dセキュアはクレジットカード会社に登録したパスワードで本人認証をおこなうもの。
3Dセキュアの対応が完了するまでの対策として、12月21日にクレジットカードご利用時の上限金額の設定について、

クレジットカードでの決済金額上限:5万円まで(過去30日間)※
Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額上限:5万円まで(過去30日間)

複数のクレジットカードを登録されている場合、合計5万円までとなっている。
ご利用の状況により、さらに制限を実施させていただく場合がございます。

クレジットカードの支払いは30日間で5万円まで3Dセキュア対応後は、3Dセキュアの有無によりユーザーごとに上限金額が変わるとのことです。

・「3Dセキュア(本人認証サービス)の対応と、クレジットカード不正利用への補償について」お知らせへのリンク
https://paypay.ne.jp/notice-static/20181227/01/